現在は一般の方々であっても、様々な投資の形があります。自分自身の目標やプラン、資産の状況に応じてどれだけのリスクを負うべきなのか、どれだけのリターンを得たいのかによって選択肢がかなり増えています。具体的にどのような投資があるのかを上げていきたいと思います。
まず、1番わかりやすい投資で言えば株式投資になるでしょうか。なんといっても最近では税制優遇もあり、さらに投資をしやすい環境になっています。
またその手段としてもインターネット証券会社の手数料を融合することによって非常に購入しやすくなっています。
さらには1000株単位でないと購入できないと思っている方々も今では100株単位で購入することもできるので非常に手軽に投資することができるのではないでしょうか。
次に企業の発行する債券、要するに社債です。短期的にリターンを得る事は難しいかもしれませんが安定した企業の社債であれば、5年、10年といった長期保有によって貯蓄を行うよりも高いリターンを得ることが可能になります。しかし、ここで注意すべきは企業そのものが倒産してしまった場合にはその社債はゼロになってしまうと言うことでしょう。
次に同じ債権でも国の発行する国債です。リターンを考えればこれが1番安定しているかもしれません。しかしながらかなり長期の保有が必要になりますので注意が必要です。もちろん、貯蓄よりも利率は高いものの大きなリターンと言えるかどうかは疑問です。話はそれますが最近ではこの国債の発行がどんどん増えることにより次世代への借金が増えていくと言う状況で、国民一人当たりの借金がこの国債を大量に発行することによって1000万円にのぼると言われています。
ここまでは一般的な投資ですが、富裕層に関してはさらに投資信託であったり、様々な投資の選択が残されています。
逆に、もっとお手軽な投資も最近では出てきています。
わざわざ、自分自身のライフプランやマネープランを見直すことなく手元にある資金で簡単にできる投資です。
それがポイント投資です。通信キャリアの利用によって生じたポイントやインターネットのポイントサービスを利用することによって生じたポイントを投資に回す考え方です。小額からスタートすることができますし、仮に多少目減りしたとしても資産に影響与えることがないと言う意味ではリスクが非常に少ないと言えるのではないでしょうか。
まずはここからスタートし、株式投資へ移行すると言うのも手だと思います。