FXの国内業者と海外業者を比較したサービスの違い

FX取引は世界各国で行われており、海外にも特徴のあるFX業者が存在します。 日本国内の在住者でも海外業者を利用することは可能ですが、サービス面に違いがあるため注意が必要です。 国内のFX業者は、日本の法制度下で運営しているため、トレーダーにとって安心感が高いです。 金融庁の認可を受けた業者は、サービスやセキュリティが一定の水準に達しており、トレーダーの信頼性が確立しています。 一方、海外FXを利用する場合は、慎重な業者選びが重要です。 各国の公的な認可を受けている業者であれば、一定の安心感はあります。 しかし日本の法制度の範囲外であるため、トラブルが発生した場合には、できる限り対処方法が取れる業者であることが大切です。 日本でプロモーション活動を行っている海外のFX業者があります。 日本語によるサポート体制が整っている業者であれば、利用者が問い合わせをする際にスムーズです。 また、サービス面の違いについて理解しておくことは、FX取引を円滑に進める上で欠かせない点です。 国内業者の中には、口座開設時や取引などに現金のキャッシュバックサービスを行っている場合があります。 口座開設キャンペーンは1度だけ利用可能ですが、取引キャンペーンの場合は、その都度業者がキャンペーン期間として既存ユーザーにも提供している場合が多いです。 キャッシュバックで受け取った金額は、そのまま出金可能です。 海外のFX業者の場合も、ボーナス制度と称して同じようなサービスがあります。 但し海外業者では、ボーナスはトレード資金として提供されるものであり、そのまま現金化できないケースが多いです。 取引に関しては、国内業者も海外業者も、一定以上の損失が拡大した際に強制ロスカットのシステムがあります。 しかし海外業者の場合は、国内業者に比べてロスカットの水準が低く、大部分の証拠金が失われるような状態でようやく強制ロスカットされる場合があります。 その一方で海外業者の場合は、万が一強制ロスカットが間に合わずに口座が借金状態になった時のために、ゼロカットシステムを導入しています。 これにより口座残高は0にリセットされるため、トレーダーが借金を抱える可能性はありません。 国内業者の場合はゼロカットシステムを備えていないため、場合によっては価格の急激な変動で証拠金を割り込み、マイナス残高を抱える場合があります。 実際にそのような状況が起こる確率は低いですが、事前に考慮しておく必要はあります。 国内業者や海外業者を問わず、証拠金を守ることに関してはトレーダーがしっかり意識しておくことが大切です。

SNSでもご購読できます。